2005年3月20日 新進優勝記念 成瀬廣亮 インタビュー   

記念すべき第一回のインタビューは、成瀬廣亮くん(写真左、右は早稲田の同い年、学連の成瀬くん)です。まずは自己紹介をよろしく。
「早稲田大学スポーツ科学部スポーツ文学科、成瀬廣亮(こうすけ)。1985年、12月9日生まれ、身長170cm、体重66kg 、出身は愛知、名古屋高校です。
好きなタイプは、う〜ん、ん〜〜、ハセキョー(長谷川京子)です。
彼女はいないです。テニス一本!!」
ジュニアの頃の戦績は?
「ジャパンオープンジュニア優勝、インターハイ団体優勝。」
まずは1.5冠、おめでとう。今の感想を。
「とりあえずシングルス優勝できて良かったです。調子がかなり良く、特にフォアのハードヒットが入ったのが勝因だと思います。」
面白い優勝のスピーチ(僕のバックハンドに惚れた人〜?とか、ダブルスでは黄金のコンビプレーを見せるんで、是非応援してください、など)だったけど、誰が考えたの?
「(佐藤)文平君です。」
そのまま読んだんだ。いつもありきたりの挨拶だけじゃ、つまんないもんね。ナイス!(客は引いてた、という情報あり)
これから自分のプレーをどう変えていきたいとかはある?
「サーブを強くしたい。あとはもっとネットに出て、もっと攻撃的なテニスをしたいです。」
そういえば、1回戦あたりはいつもよりネットプレーが多かったね。じゃあ話を変えてテニスの環境について。
「小学校1年の時に始めました。始めた頃は、あんまりうまくなかったです。野球打ちだった。」
野球もやってたんだ?
「いや、やってない。」
そうなんだ(笑)。じゃ、今はどれくらい練習してるの?
「授業がないので、ほとんど毎日練習しています。午前中、午後それぞれ3時間くらいです。授業があるときも、ほぼ毎日。3時間くらいです。トレーニングはみんなで一緒にやったあと、個人でやったりしています。大体1〜2時間くらいかな。」
ほえ〜、じゃあかなり練習してるんだね。感心感心(ゲームばっかりやってる・・・という情報もあり)。お父さんがよくフォアが飛ばなくなったとかこぼしてるけど(笑)、高校の時とプレースタイルは変わった?
「高校の時は、誰が相手でももっとどんどん攻撃していってたけど、大学に入って、ミスしないことをかなり言われるので、大学テニスにハマりそうです。」
そうなんだ。大学になると、確かにシコリに走る人が多いもんね。今年入ってくる新入生はどんな印象?
「強敵です。」
そっか、早稲田のレギュラー争い、すごいもんなあ。今後の目標は?
「う〜ん、・・・・・じゃあインカレ優勝!!で。」
お、いいねえ。なんだかんだいいながらも応援しているお父さんへ一言。
「もっと努力します。」
ちなみにお父さんのホームページはこちらです。廣亮くんはほとんど見てないとか。じゃあ最後に、見てくれてる人、応援してくれてる人に一言!早稲田ファンや成瀬ファンはなにげに結構多いんだよ。
「みなさん、いつも応援していただいて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」
忙しいところどうもありがとう。春関もがんばってね!(何かミスったらしく、このあと部室掃除しなければいけないらしい)
 
ちょっと面倒臭そうにしながらも、インタビューに応じてくれた成瀬君。春関はショットが入らず、夏関では攻めのないテニスをしていたように見えたけど、今回はしっかりした土台の上にアングル、ストレートなどの攻めのショットを確率良く入れて、失セットゼロの完璧な優勝でした。
見るたびに変わっていく彼の成長が楽しみです。

 

戻る